保険としての不動産投資

保険としての不動産投資

保険としての不動産投資 不動産投資とは保険として活用することも出来ます。というのは物件を購入するときローンを組むことになりますが、これを保険として利用することが出来るのです。団体信用生命保険というものになるのですが、これを利用することで、不動産投資をしている時に万一のことがあっても物件は家族にそのまま受け取ってもらい、賃料なども運用益もそのまま家族に引き継いでもらうことが出来るのです。
ですから、収益だけを目的として不動産投資をするだけではなく、こうした万一の時の備えとして活用することも出来るということです。不動産投資はうまく活用するとこうした使い方も出来るので、ある意味では多機能に使えるということもいえるでしょう。万一の備えとしては家族にとってはありがたいものとなります。こうしたことが出来るのも不動産という特殊な物件を扱っているからということがいえるかもしれません。これはローンを組んで投資をするときに使える方法です。

不動産投資のおかげでピンチを乗り越えたケース

不動産投資のおかげでピンチを乗り越えたケース 不動産投資をしている人の中には人生でピンチになったときでも、投資をしていたおかげでそれを乗り越えられた人も多数います。会社に勤務していて時間も心にも余裕がなくなり退職してしまっても不動産投資をしていたおかげでその後の人生にゆとりも出来て楽しく暮らしていけたという声も少なくありません。
単純にこれまでに勤めていた企業を退職してもお金の不安があります。不動産投資でキャッシュフローがバックにあれば安心して次の挑戦も始めることが出来ます。継続してお金が入ってくる状態を作りだせるため、大きな安心もあり新しいチャレンジも可能な環境も出来ます。
人によってはそれが人生にとって大きな変化が起きる可能性もあります。例えばずっと忙しく働いていた人出も自分の時間を増やしたり新しいビジネスをはじめるきっかけにもなります。
これは相乗効果も生み出して、不動産投資だけでも複利効果がありそれと関係のないところでも人生の複利効果のようなものが出てきます。これも安心感を生み出せるから出来ることです。