不動産投資の豆知識

副業としての不動産投資

副業としての不動産投資 かつては企業では副業を禁止しているところが殆どでしたが、最近は認めている会社も増えています。
様々な副業がありますがその一つとして不動産投資を行っている人も少なくありません。
不動産投資では家賃収入を得ている場合は1年に1度不動産所得の確定申告が必要です。所得税の計算は不動産所得は不動産の賃貸が事業的規模かどうかによって取扱も違います。
事業的規模のラインは5棟10室といわれていて、戸建物件だと5棟、アパートやマンションなら10室です、会社に勤務しているときもこれを基準にして考える必要があります。
一番大切なのは勤務先がどう判断するかです。現在勤務している会社から安定して給与所得を得られているから、無理なくローンを組んで物件も購入できます。
ただ、事業的規模を超えると副業とみなされる可能性もあります。
勤務先から誤解されてトラブルが起きないように不動産投資を行うときも、会社の就業規則なども確認しておいた方が安心です。

不動産投資が本職の収入を上回ることも!

不動産投資が本職の収入を上回ることも! 不動産投資は、自分がアパートやマンションなどの不動産のオーナーになれるということが魅力でもありますが、放置したままでは赤字経営にもなりますし、経営に失敗すれば大きな借金を抱えてしまうことにもなるリスクもあるものです。
ですが自分なりの成功法を見つけることで黒字経営にできることもあるので、夢のある投資だということもできます。
また、安く購入したアパートをリフォームなどして綺麗にして、入居者を増やすことに成功すれば本職を上回るくらいの利益を得ることも可能でしょう。
不動産投資は投資用の物件に費用をかけすぎないということも必要なので、利益を上げたいならアイデアでコスト削減して利益を上げるようにもすると良いでしょう。
普段オフィスでデスクワークをしている人であれば、本職以上の収入を得ることで生活が楽になるというようなこともあるでしょう。
不動産投資は毎日管理しなくても良いので、副業としても効率が良いものです。