自分の未来を守る

自分の未来を守る

自分の未来を守る 経済の先行き不透明感が続いている中で、自分の未来を守るためには、様々な資産運用をしておくことがリスク回避につながります。
銀行に預ける預貯金の他に、不動産投資や株式投資など、複数の運用方法を行っていれば、リスクを分配することができるので、結果的に多方面にわたって資産を増やすことが可能です。
日本では昔から不動産神話というものがあるため、不動産投資は根強い人気があります。
建物が老朽化しても、さいきんはリフォームやリノベーション技術は発達していますから、メンテナンスをすることによって建物の価値を維持することができます。
そうすることによって、所有している不動産が収益物件となり、借り手を見つけやすくすることができます。
借り手が多ければ多いほど、家賃収入を得ることができますから、不労収入として自分の未来の経済的な不安を払拭することができます。
不動産投資を行ったら、所有している不動産の管理を専門に行っている会社もあるので、自分で管理をする手間を省くことも可能です。

不動産投資は雪だるま式に利益が出るもの

不動産投資は雪だるま式に利益が出るもの 不動産投資は雪だるま式に利益が出るものだとよく言われます。
どんな投資であっても元手が必要ですが、不動産投資の場合は自分の元手をはるかに越える金額のお金を借り入れることで運用することが普通です。よほどの資産家を別にすれば、100%全て自分のお金で不動産に投資をしているという人はまず存在しません。
7割から8割程度は借入金なのです。
これは逆に言えば、ある程度少ない資金であってもその数倍程度に大きなお金を運用できるということを意味しています。
つまり、最初は自己資金も少ないので借入のことを考えてもあまり大きな投資はできませんが、運用が軌道に乗って自己資金が増えてくると、その増え方以上の大きなお金を借り入れてさらに運用に回すことができるようになり、さらに利益が増えていくということで、雪だるま式に利益が出るものと言われるのです。
実際、ごく普通にいるような人であっても、運用としては億単位のお金を回しているという人もいくらでもいます。